スポンサードリンク

2011年05月20日

ストレス 腰痛についてまとめ


腰痛で悩んでいるのにX線CTやMRI検査では何処にも異常が見られほとんど無い、この様に骨格や臓器に異常が見られほとんど無い結果因不明の痛みや不快感を「不定愁訴」言います、これら「不定愁訴」の結果因は、ストレス反応であることが多いようである。



ビタミンB12であるとかビタミンDなどがあり、ビタミンB12は神経系の働きを維持する役割を持ち、腰痛症などの痛みを和らげます。ビタミンDの働きとしては、骨などの発達に良い作用があるようです。内蔵などにも異常はなく骨格の異変もない場合に、原因はわからないが不快な感じや痛みなどがある場合のことを総称して「不定愁訴」と呼ぶようです。不定愁訴の原因としては体にたまったストレスへの反応という場合が多いようです。



ストレスが原因で起こる症状としては腰痛のほかにも肩こりや便秘症、不眠の類などもよくあることだとされています。内蔵などにも異常はなく骨格の異変もない場合に、原因はわからないが不快な感じや痛みなどがある場合のことを総称して「不定愁訴」と呼ぶようです。その他の方法としては生活のリズムを整えて体を本来の働きに戻してあげるという方法です。腰痛を改善してゆく効果のある成分としてはまずビタミンB1などがあり、ビタミンB1の効果としては食べ物をとることでごはんなどの糖分を取るときに神経や筋肉などに使用されるエネルギーなどを作り出してくれます。



言わば静と動、正反対の神経なのだそうです。仕事の合間に体操などを取り入れることで血液の循環などがよくなって、緊張状態も和らぐようです。しびれや腰痛などは末梢神経が傷ついているためでもあるのですが、ビタミンB12のひとつであるメコバラミンは末梢神経の傷を治してゆく働きがあるようです。その他の方法としては生活のリズムを整えて体を本来の働きに戻してあげるという方法です。



この自律神経は交感神経と副交感神経との働き具合によって成り立つのですが、これ等の神経系を正しい動きに保つためには、いくつかの方法があります。ストレスが原因で起こる症状としては腰痛のほかにも肩こりや便秘症、不眠の類などもよくあることだとされています。まずは適切な運動を試みることです。MRIをつかったりX線を使用したりしても検査には異常が見られず、原因がわからない腰痛に苦しんでいる人もいるとおもいます。

posted by Deno at 18:45| 腰痛ストレス原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

精神的ストレス腰痛の原因とは?


ストレスだったということが多々あるということを書いたのですが、ではなぜストレスが腰痛に結びつくのか!その原因や症状など、ご紹介します。ストレスは人間にとって必要なものなのですが、あまりストレスを感じすぎると、体の各部に悪影響を及ぼします。ストレスを受け入れ、ストレスを感じなくても良い時間を作り生活しましょう。



腰痛とストレスの原因は様々で原因不明の腰痛で理由が分からず調べていくとストレスが隠れていることもあります。精神的な問題が腰痛に深く関わっているのです。適切に体を動かすことで自律神経のバランスも整えストレス知らずな体になりますよね。ところがストレスが慢性化してくると脳の神経伝達物質が異常をきたし、脳に上手く情報を伝えることができなくなります。



こういった時は軽い運動をして血液の循環を良くすることや、生活リズムを整えて体調を整えたり、趣味等でストレスを解消するということを心掛けましょう。ストレス解消の方法は人それぞれ異なりますよね。不定愁訴の原因としては体にたまったストレスへの反応という場合が多いようです。それが最近の医学の進歩で慢性的な腰痛の原因がわかってきました。



ストレスを感じていると、自律神経が乱れることで、筋肉 が 緊張状態 になったり、 血液の循環が悪くなる ことで、腰痛になってしまうことがあります。日本人1300万人もの人が腰痛に悩んでいます。軽いストレッチや体操など無理のない範囲で行うのがよいでしょう。内蔵などにも異常はなく骨格の異変もない場合に、原因はわからないが不快な感じや痛みなどがある場合のことを総称して「不定愁訴」と呼ぶようです。



ストレスは自律神経に影響を与えやすいといわれるのですが、自律神経が乱れることによって血の巡りが悪くなったり筋肉がこわばったりして腰痛が起こってくるといいます。ゆっくりと腹式呼吸をすることもおすすめだそうです。腰痛以外にも、肩こりなどもこういったことからストレスが原因で起こる場合があります。そのメカニズムを支えているのが脳の神経伝達物質で。

posted by Deno at 21:18| 腰痛ストレス関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

ストレスによる病気と腰痛


このストレスが原因で自律神経に乱れが生じてくることから腰痛が引き起こされるとも言われています自律神経はストレスの影響をとても受けやすいのが特徴で、自律神経が乱れると筋肉が緊張したり、血液循環が悪くなったりして慢性的な腰痛を引き起こすのです腰痛の他にも 「肩こり」「慢性的な下痢や便秘」「不眠症」などもストレスが原因であることも心と密接に結びついているのです。



腰痛の原因は心因的原因という内容の本まであるくらいです。やはりストレスが脳に誤作動を起こさせ、小さな痛みも大きい痛みを認識させてしまうことがあるようです。ストレスが溜まると自律神経が乱れやすくなり自律神経は体のバランスを調整する神経で交感神経と副交感神経で構成されています。腰痛だけでなく、気分の落ち込み、気分が変わりやすい、気力が出ないといった症状に気づいたら、心療内科や精神科で診察を受けます。



自律神経のバランスを整えてストレスを取り除いてみませんか。腰痛の原因としてストレスがあると言われています。ストレスと腰痛が関係することはよく知られています。この場合、骨や関節を丁寧に調べても、はっきりした原因がわかりません。



ストレスは自分では感じてなくても実はあったり、どう解消していいのかわからないものです。軽いストレッチや体操など無理のない範囲で行うのが良いでしょう。ストレス解消の方法は人それぞれ異なり、ゆっくり湯船につかってリラックスするや趣味に没頭する仕事と遊びのスイッチを切り替えメリハリをつける毎日を楽しむなど自分に合った解消法を見つけることが何よりも大切です。ストレスと腰痛はどのようにつながっているのでしょうか。



反面、少量なストレスは体によいと言われていますね。腰痛は、精神的なストレス、肉体的なストレスのほか、環境からのストレスによっても引き起こされます。うまく付き合うことでストレスから来る腰痛を予防することも必要ではないでしょうか。あまり根詰めず、適度な気分転換していくことが大切です。

posted by Deno at 21:17| 腰痛ストレス改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。