スポンサードリンク

2011年05月26日

ストレス腰痛とは


ストレスと腰痛が関係することは知られています。腰痛は、ストレス、肉体的なストレスのほか、ストレスによっても引き起こされます。腰痛の原因は心因的原因という本まであるくらいです。腰痛で悩んでいる人で治療をしても一向によくならないというこのストレスが原因かもしれません。ストレスが脳に誤作動を起こさせ、小さな痛みも大きい痛みを認識させてしまうことのようです。



内蔵などにも異常はなく骨格の異変もない場合に、原因はわからないが不快な感じや痛みなどがある場合のことを総称して「不定愁訴」と呼ぶようです。そのほか自分にひとつ集中できるような楽しい趣味を行うことも効果があるといわれます。現代社会はストレスの塊だそうです。MRIをつかったりX線を使用したりしても検査には異常が見られず、原因がわからない腰痛に苦しんでいる人もいるとおもいます。



ストレスがたまることで起こる腰痛の原因としては、普段の仕事や人間関係などでストレスがたまることも多いと思いますが、このイライラなどのストレスによって自律神経系の働きがおかしくなり、腰痛が慢性的に起こるといわれます。ストレスは自律神経に影響を与えやすいといわれるのですが、自律神経が乱れることによって血の巡りが悪くなったり筋肉がこわばったりして腰痛が起こってくるといいます。腰痛を改善してゆく方法のうちのひとつに食事から効果のある成分を摂って行く方法もあります。不定愁訴の原因としては体にたまったストレスへの反応という場合が多いようです。



言わば静と動、正反対の神経なのだそうです。そのほか自分にひとつ集中できるような楽しい趣味を行うことも効果があるといわれます。ストレスだけでなく慢性的な腰痛を引き起こしやすくなりますよね。ストレスが原因で起こる症状としては腰痛のほかにも肩こりや便秘症、不眠の類などもよくあることだとされています。



ストレスがたまることで起こる腰痛の原因としては、普段の仕事や人間関係などでストレスがたまることも多いと思いますが、このイライラなどのストレスによって自律神経系の働きがおかしくなり、腰痛が慢性的に起こるといわれます。しびれや腰痛などは末梢神経が傷ついているためでもあるのですが、ビタミンB12のひとつであるメコバラミンは末梢神経の傷を治してゆく働きがあるようです。その他の方法としては生活のリズムを整えて体を本来の働きに戻してあげるという方法です。腰痛を改善してゆく効果のある成分としてはまずビタミンB1などがあり、ビタミンB1の効果としては食べ物をとることでごはんなどの糖分を取るときに神経や筋肉などに使用されるエネルギーなどを作り出してくれます。

posted by Deno at 20:44| 腰痛ストレス原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

ストレスによる原因


腰痛で悩んでいるのにX線CTやMRI検査では何処にも異常が見られほとんど無い、この様に骨格や臓器に異常が見られほとんど無い結果因不明の痛みや不快感を「不定愁訴」言います、これら「不定愁訴」の結果因は、ストレス反応であることが多いようである。



軽いストレッチや体操など無理のない範囲で行うのがよいでしょう。ストレスが原因で起こる症状としては腰痛のほかにも肩こりや便秘症、不眠の類などもよくあることだとされています。なぜ腰が痛くなるのかわかっていないのです。ゆっくりと腹式呼吸をすることもおすすめだそうです。



自律神経は体のバランスを調整する神経で交感神経と副交感神経で構成されていますが、ストレスが溜まると自律神経が乱れやすくなります。その結果、脳が誤動作して普通なら問題のない痛みを激痛のように認識してしまうのです。不定愁訴の原因としては体にたまったストレスへの反応という場合が多いようです。ストレスを感じていると、自律神経が乱れることで、筋肉 が 緊張状態 になったり、 血液の循環が悪くなる ことで、腰痛になってしまうことがあります。



腰など体の一部に異常が起きると神経を通じて脳に異常を知らせます。腰痛 というと腰に大きな 負荷 がかかったりすると起こる症状というように思う人が多いかと思いますが、ストレスが原因で慢性的な腰痛となる場合があります。本来腰痛は、ゴルフなどの過度の運動、重い荷物を持ったり同じ姿勢のままなど仕事による負荷、加齢、喫煙などの原因が複雑に絡んで起きます。腰痛以外にも、肩こりなどもこういったことからストレスが原因で起こる場合があります。



その他の方法としては生活のリズムを整えて体を本来の働きに戻してあげるという方法で、そのほか自分にひとつ集中できるような楽しい趣味を行うことも効果があるといわれます。この自律神経は交感神経と副交感神経との働き具合によって成り立つのですが、これ等の神経系を正しい動きに保つためには、いくつかの方法があります。ストレスは自律神経に影響を与えやすいといわれるのですが、自律神経が乱れることによって血の巡りが悪くなったり筋肉がこわばったりして腰痛が起こってくるといいます。自律神経のバランスを整えてストレスを取り除いてみませんか。

posted by Deno at 19:15| 腰痛ストレス関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

ストレス性腰痛について


ストレスと腰痛が関係することは知られています。腰痛は、ストレス、肉体的なストレスのほか、ストレスによっても引き起こされます。腰痛の原因は心因的原因という本まであるくらいです。腰痛で悩んでいる人で治療をしても一向によくならないというこのストレスが原因かもしれません。ストレスが脳に誤作動を起こさせ、小さな痛みも大きい痛みを認識させてしまうことのようです。



軽いストレッチや体操など無理のない範囲で行うのが良いでしょう。ストレスが溜まると自律神経が乱れやすくなり自律神経は体のバランスを調整する神経で交感神経と副交感神経で構成されています。ストレスと腰痛が関係することはよく知られています。また適度に体を動かすことで自律神経のバランスも整えストレス知らずな体になります。



ストレスと腰痛はどのようにつながっているのでしょうか。うまく付き合うことでストレスから来る腰痛を予防することも必要ではないでしょうか。反面、少量なストレスは体によいと言われていますね。実際に、整体やカイロの現場でも施術しても治らなかった患者さんにイメージトレーニングをしたらよくなったというケースもあるようです。



腰痛は、精神的なストレス、肉体的なストレスのほか、環境からのストレスによっても引き起こされます。腰痛だけでなく、気分の落ち込み、気分が変わりやすい、気力が出ないといった症状に気づいたら、心療内科や精神科で診察を受けます。また、慢性的な腰痛で悩んでいる人で治療をしても一向によくならないという人はこのストレスが原因かもしれません。やはりストレスが脳に誤作動を起こさせ、小さな痛みも大きい痛みを認識させてしまうことがあるようです。



なんでもストレスのせいにして…と思いますが、ストレスによって自律神経が乱れると、筋肉が緊張してしまったり、血液の循環が悪くなってしまいます。腰痛の原因としてストレスがあると言われています。ストレス性腰痛というものもあるそうで、「たけしの本当は怖い家庭の医学」で放送していたそうです。言わば静と動、正反対の神経なのです。

posted by Deno at 21:29| 腰痛ストレス改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。