スポンサードリンク

2011年12月04日

腰痛の原因である腰や背骨などの骨の歪みは症状を引き起こす

腰痛について、構造から見てみると、腰痛の原因である腰や背骨などの骨の歪みは症状を引き起こすと考えられるようです。
ことは、痛いところだけに注目していても良くわからないということになってしまいます。

腰痛に悩まれている方は、腰痛になりやすい癖や習慣を持っている人が多いといわれています。立ち姿が猫背だったり、前かがみの姿勢を長時間していませんか。バランスを崩しやすくしてしまう原因も問題です。


片方の足で組むことになりますので、一番体のバランスを崩しやすく、腰痛がおこりやすくなるのです。椅子に腰かけるようにして椅子の高さは、お尻と膝が平行か少し高いぐらいが理想です。この姿勢で前かがみの姿勢をとり続けていると余計に体のバランスが崩れやすく、腰痛が起こりやすくなります。


椅子以外では、横すわりやあぐらなどの偏った座り方もありません。立ちっぱなし、座りっぱなしも筋肉を疲れさせ腰痛がおこりやすくなりますので、長時間同じ体制を続ける場合は合間に軽いストレッチを行うようにすると良いでしょう。


バックをどちらかの肩にかける時間が増えてしまうのもバランスを崩しやすくなるので問題です。人間はバランスが崩れると痛みや不調などが起こりやすくなります。

このように生活習慣や癖を見直すことが腰痛の腰痛予防の第一歩につながります。筋肉は骨格で支えられているものですから、骨に歪みが出ている場合は筋肉が緊張を行って支えることになります。
骨格を支えている緊張した筋肉は、習慣になっていることが多いですのでくせのついたまま筋力トレーニングなどを行うと、腰などを痛めてしまう結果にもなるのです。

posted by Deno at 09:57| 腰痛ストレス改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

急性腰痛症(ぎっくり腰)の原因と症状について

ぎっくり腰の症状は、急に激しい痛みにおそわれる症状と長い間、腰に不快感と痛みを及ぼす慢性腰痛とがあります。

中ならば多いのが腰椎の捻挫です。腰の周りの筋肉や筋膜の一部が切れ、背骨の両脇あたりに痛みが走ります。場合、筋肉の疲労により、腰を支える筋肉の力が低下其れで、筋肉の緊張も強まります。

症状としては激痛のため、上半身を前かがみにしてしか歩けありませんでしたり、上半身を後ろにそることができありませんでしたり、歩くたびに

振動で腰に痛みが増すので、静かにしか歩けありませんでしたりしています。

ぎっくり腰の原因は、朝の洗顔で腰をかがめた時や、重い物をもち上げようとした時など、腰を痛めるきっかけがはっきりしつづけている人もいますが、中にはきっかけがよくわから無いと言う人もいます。

くしゃみなど、腰に激痛が走るきっかけがあり、姿勢や腰への注意力が低下しつづけている時に、ギクっと痛めてしまうことが多いようです。

原因は、パソコンなどによる長時間の同じ姿勢、無理な姿勢、疲労やストレスの蓄積により、腰それに周辺の筋肉が弱くなり、ふとした動作に伴う

時やくしゃみなど、腰に激痛が走るきっかけがあり、姿勢や腰への注意力が低下している時に、ギクっと痛めてしまうことが多いようです。

ぎっくり腰と一言でいっても、腰部は関節、靭帯、椎間板などの異なったパーツで構成されており、痛めている部位によって痛みの箇所は変わってくるので痛みが動きに伴って痛みを感じるもののゆっくりした日常生活動作は可能です。痛みや原因に応じて、正しい処置をしていくことが大切なのです。
ラベル:ぎっくり腰
posted by Deno at 07:49| 腰痛 原因 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

腰痛の種類について原因には、色々なものがあります

腰痛といってもその原因から区別すると、その種類は非常に多いですが、大まかには、神経性、脊椎性、内臓性、血管性、心因性、に分類されるようです。腰痛の悩みの相談をすると、腰痛には大きく分けて2種類があります。


1. 背骨に原因があり筋肉の異常からくる腰痛です。
具体的に症状をあげてみると、椎間板ヘルニア、腰痛症(筋膜性腰痛症) 、変形性脊椎症、骨粗鬆症などがこれにあたります。
その中でも椎間板ヘルニアで悩まれていて、手術や定期的に通院をされている方は多いのではないでしょうか。
時期には腰痛症(筋膜性腰痛症)いわゆる、ぎっくり腰を起こす人が増えています。
このように筋肉疾患から腰痛だけでも種類は様々です。


2. 内臓の病気が原因で起こる腰痛です。
内臓の病気は、腰痛と結び付かないことが多いため注意が必要です。
腰痛が長い間治らず通院すると、内臓の病気が隠れていることものです。
尿管結石は腰痛と痛みが似ており、筋肉疾患から腰痛と勘違いしやすいと言われています。


上記のように腰痛の種類及び原因は異なるので、腰痛の原因を知ることが必要です。
腰痛で悩まれていたら専門家に診てもらい適切な治療をされることをお勧めします。

posted by Deno at 06:57| 腰痛 原因 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。