スポンサードリンク

2011年12月07日

腰痛症と内臓疾患により原因で発生する腰痛の症状

腰痛の症状と原因は、どれも同じと考える人もいますが、実は大まかに二種類に大別することが出来ます。
腰痛と「骨粗鬆症」などで、腰痛は、背骨と筋肉異常が原因で発生するものです。

腰痛も慢性化します。肥満、運動不足などで、無理な負担を強いられ続けた腰椎は、「重い荷物を持ち上げた」などのきっかけで損傷を受け、ぎっくり腰の激しい痛みに襲われたり、椎間板ヘルニアを起こして、強い腰痛が生じることもあります。変形してくると、人によっては、変形性脊椎症、変性すべり症、腰部脊柱管狭窄症など、腰椎の病気で腰痛が起こり、日常生活が不自由になってくることもあります。

腰痛は、さまざまな原因が重なって起きます。腰痛を患う人は、骨粗鬆症(特に更年期以後の女性)に罹るリスクを増大させ、その他にも、寒い季節には「ぎっくり腰」の発生リスクを高める事も知られています。

腰痛症(筋膜性腰痛症)のことを言います。腰痛とされるのが、「腎臓結石」「大動脈瘤」「尿管結石」「婦人科疾患」などの、内臓疾患により発生する腰痛です。内臓疾患の腰痛の厄介な点は、腰痛との判断が難しいことが腰痛が治らないからと病院へ行くと、内臓疾患を指摘されるケースなので、内臓疾患が原因で起こる腰痛は、筋肉や骨からくる腰痛とは別のものであると捉えておきましょう。

目安としては、内臓疾患による腰痛の場合は、どのような体勢を痛みが楽にならないということです。 胆石、十二指腸潰瘍などの消化器系の疾患からくる腰痛の場合には、腹痛や血便、吐き気や嘔吐などの症状がみられ、尿路結石や前立腺がんなどの泌尿器系の疾患では、腰痛の他にも血尿や症状がみられるで腰痛と尿管結石の痛みは、症状が見分けにく、間違うケースが多いので注意が必要です。
posted by Deno at 09:01| 腰痛 原因 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

腰痛ぎっくり腰による原因と症状の対処法!

ぎっくり腰の症状は、体を動かすと腰に強い痛みが走ります急性腰痛の代表的なもので、大半の場合は、腰痛を起こしたきっかけや原因が自分で予想できます。

原因は・少し重い荷物を持ち上げたとき・急に姿勢や向きを変えたとき・突然、くしゃみをしたとき・朝の洗顔で急に前かがみになった時などです。
損傷の程度にもよりますが、横になっても体勢が無かったり、痛み、しびれが出たり、症状の悪化が場合以外の多くは、自然と痛みが和らいでいきます。

ぎっくり腰になるとマッサージをした方がいいかどうか、温めるのか冷やすのか迷う人がいるようですが、マッサージは悪化の原因に行ってはいけません。痛みを伴う腰痛ですが腰の炎症が原因です。患部が冷やされると、炎症も鎮まって痛みも抑えられて来ます。

腰痛がきつい場合には、腰痛コルセットを装着することも効果があります。腰痛コルセットは、腰を支える補助を腰の負担を軽くする事が出来ます。コルセットを続けると、コルセットに頼りすぎてしまい腰の筋肉が弱くなってしまいますので、対処としてコルセットを着用する場合は、着用時間に十分注意しましょう。
時は、患部が炎症を起こし熱を持つことで痛みを強く感じるかもしれませんが、2〜3日ほどで炎症が治まり痛みが軽減されてくると思います。

ぎっくり腰で強い痛みを体験し、恐怖心を持ってしまうと、痛みが和らいで、回復傾向になっても「また、痛みが強くなってしまうのではないか? 」「しばらく寝ていたほうが安心だ」と思うようです。炎症期が過ぎて痛みが軽減されてきたら、症状は和らいで出ない範囲内で、日常生活を始めても腰の状態はなってきます。
posted by Deno at 10:32| 腰痛 原因 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

急性腰痛症(ぎっくり腰)の原因と症状について

ぎっくり腰の症状は、急に激しい痛みにおそわれる症状と長い間、腰に不快感と痛みを及ぼす慢性腰痛とがあります。

中ならば多いのが腰椎の捻挫です。腰の周りの筋肉や筋膜の一部が切れ、背骨の両脇あたりに痛みが走ります。場合、筋肉の疲労により、腰を支える筋肉の力が低下其れで、筋肉の緊張も強まります。

症状としては激痛のため、上半身を前かがみにしてしか歩けありませんでしたり、上半身を後ろにそることができありませんでしたり、歩くたびに

振動で腰に痛みが増すので、静かにしか歩けありませんでしたりしています。

ぎっくり腰の原因は、朝の洗顔で腰をかがめた時や、重い物をもち上げようとした時など、腰を痛めるきっかけがはっきりしつづけている人もいますが、中にはきっかけがよくわから無いと言う人もいます。

くしゃみなど、腰に激痛が走るきっかけがあり、姿勢や腰への注意力が低下しつづけている時に、ギクっと痛めてしまうことが多いようです。

原因は、パソコンなどによる長時間の同じ姿勢、無理な姿勢、疲労やストレスの蓄積により、腰それに周辺の筋肉が弱くなり、ふとした動作に伴う

時やくしゃみなど、腰に激痛が走るきっかけがあり、姿勢や腰への注意力が低下している時に、ギクっと痛めてしまうことが多いようです。

ぎっくり腰と一言でいっても、腰部は関節、靭帯、椎間板などの異なったパーツで構成されており、痛めている部位によって痛みの箇所は変わってくるので痛みが動きに伴って痛みを感じるもののゆっくりした日常生活動作は可能です。痛みや原因に応じて、正しい処置をしていくことが大切なのです。
ラベル:ぎっくり腰
posted by Deno at 07:49| 腰痛 原因 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。