スポンサードリンク

2011年12月07日

腰痛症と内臓疾患により原因で発生する腰痛の症状

腰痛の症状と原因は、どれも同じと考える人もいますが、実は大まかに二種類に大別することが出来ます。
腰痛と「骨粗鬆症」などで、腰痛は、背骨と筋肉異常が原因で発生するものです。

腰痛も慢性化します。肥満、運動不足などで、無理な負担を強いられ続けた腰椎は、「重い荷物を持ち上げた」などのきっかけで損傷を受け、ぎっくり腰の激しい痛みに襲われたり、椎間板ヘルニアを起こして、強い腰痛が生じることもあります。変形してくると、人によっては、変形性脊椎症、変性すべり症、腰部脊柱管狭窄症など、腰椎の病気で腰痛が起こり、日常生活が不自由になってくることもあります。

腰痛は、さまざまな原因が重なって起きます。腰痛を患う人は、骨粗鬆症(特に更年期以後の女性)に罹るリスクを増大させ、その他にも、寒い季節には「ぎっくり腰」の発生リスクを高める事も知られています。

腰痛症(筋膜性腰痛症)のことを言います。腰痛とされるのが、「腎臓結石」「大動脈瘤」「尿管結石」「婦人科疾患」などの、内臓疾患により発生する腰痛です。内臓疾患の腰痛の厄介な点は、腰痛との判断が難しいことが腰痛が治らないからと病院へ行くと、内臓疾患を指摘されるケースなので、内臓疾患が原因で起こる腰痛は、筋肉や骨からくる腰痛とは別のものであると捉えておきましょう。

目安としては、内臓疾患による腰痛の場合は、どのような体勢を痛みが楽にならないということです。 胆石、十二指腸潰瘍などの消化器系の疾患からくる腰痛の場合には、腹痛や血便、吐き気や嘔吐などの症状がみられ、尿路結石や前立腺がんなどの泌尿器系の疾患では、腰痛の他にも血尿や症状がみられるで腰痛と尿管結石の痛みは、症状が見分けにく、間違うケースが多いので注意が必要です。
posted by Deno at 09:01| 腰痛 原因 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。