スポンサードリンク

2011年12月06日

腰痛ぎっくり腰による原因と症状の対処法!

ぎっくり腰の症状は、体を動かすと腰に強い痛みが走ります急性腰痛の代表的なもので、大半の場合は、腰痛を起こしたきっかけや原因が自分で予想できます。

原因は・少し重い荷物を持ち上げたとき・急に姿勢や向きを変えたとき・突然、くしゃみをしたとき・朝の洗顔で急に前かがみになった時などです。
損傷の程度にもよりますが、横になっても体勢が無かったり、痛み、しびれが出たり、症状の悪化が場合以外の多くは、自然と痛みが和らいでいきます。

ぎっくり腰になるとマッサージをした方がいいかどうか、温めるのか冷やすのか迷う人がいるようですが、マッサージは悪化の原因に行ってはいけません。痛みを伴う腰痛ですが腰の炎症が原因です。患部が冷やされると、炎症も鎮まって痛みも抑えられて来ます。

腰痛がきつい場合には、腰痛コルセットを装着することも効果があります。腰痛コルセットは、腰を支える補助を腰の負担を軽くする事が出来ます。コルセットを続けると、コルセットに頼りすぎてしまい腰の筋肉が弱くなってしまいますので、対処としてコルセットを着用する場合は、着用時間に十分注意しましょう。
時は、患部が炎症を起こし熱を持つことで痛みを強く感じるかもしれませんが、2〜3日ほどで炎症が治まり痛みが軽減されてくると思います。

ぎっくり腰で強い痛みを体験し、恐怖心を持ってしまうと、痛みが和らいで、回復傾向になっても「また、痛みが強くなってしまうのではないか? 」「しばらく寝ていたほうが安心だ」と思うようです。炎症期が過ぎて痛みが軽減されてきたら、症状は和らいで出ない範囲内で、日常生活を始めても腰の状態はなってきます。
posted by Deno at 10:32| 腰痛 原因 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。