スポンサードリンク

2011年12月03日

急性腰痛症(ぎっくり腰)の原因と症状について

ぎっくり腰の症状は、急に激しい痛みにおそわれる症状と長い間、腰に不快感と痛みを及ぼす慢性腰痛とがあります。

中ならば多いのが腰椎の捻挫です。腰の周りの筋肉や筋膜の一部が切れ、背骨の両脇あたりに痛みが走ります。場合、筋肉の疲労により、腰を支える筋肉の力が低下其れで、筋肉の緊張も強まります。

症状としては激痛のため、上半身を前かがみにしてしか歩けありませんでしたり、上半身を後ろにそることができありませんでしたり、歩くたびに

振動で腰に痛みが増すので、静かにしか歩けありませんでしたりしています。

ぎっくり腰の原因は、朝の洗顔で腰をかがめた時や、重い物をもち上げようとした時など、腰を痛めるきっかけがはっきりしつづけている人もいますが、中にはきっかけがよくわから無いと言う人もいます。

くしゃみなど、腰に激痛が走るきっかけがあり、姿勢や腰への注意力が低下しつづけている時に、ギクっと痛めてしまうことが多いようです。

原因は、パソコンなどによる長時間の同じ姿勢、無理な姿勢、疲労やストレスの蓄積により、腰それに周辺の筋肉が弱くなり、ふとした動作に伴う

時やくしゃみなど、腰に激痛が走るきっかけがあり、姿勢や腰への注意力が低下している時に、ギクっと痛めてしまうことが多いようです。

ぎっくり腰と一言でいっても、腰部は関節、靭帯、椎間板などの異なったパーツで構成されており、痛めている部位によって痛みの箇所は変わってくるので痛みが動きに伴って痛みを感じるもののゆっくりした日常生活動作は可能です。痛みや原因に応じて、正しい処置をしていくことが大切なのです。
ラベル:ぎっくり腰
posted by Deno at 07:49| 腰痛 原因 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。