スポンサードリンク

2011年11月29日

腰痛の症状と原因を知ろう

腰痛の中でも最も多いのがこの腰痛症です。痛みが始まったのか本人もはっきりした自覚のないことがほとんどで、治りにくく慢性化しやすい腰痛です。症状ですが一般的にぎっくり腰と呼ばれるものです。
デスクワークや車の運転がお仕事という方の場合はそれが腰痛の要因となってしまうことが多いと言えます。
不自然な姿勢をし続けなければならなかったりと、悪い姿勢を続けると、脊柱の椎間板や椎間関節、その周囲の靱帯や筋肉などにストレスを加え続けることになります。
症状は脊椎の一部が切り離されてしまうためにだるい、疲れやすいといったものがあらわれます。
腰椎が不安定になって神経を圧迫するために起こる腰痛や足の痺れ麻痺などがあります。
組織が強靱で、十分な回復力を持つ若い時期ならよいのですが、衰えてくると、背骨は変形し、元に戻らなくなって腰痛を起こすことになります。
症状が進行すると歩行が困難に注意したいものです。腰痛の場合にも症状が進行すれば歩行が困難になったり寝ていても痛いといったことが起こります。
肥満では、からだの重心はバランスを崩します。
過大なストレスが椎間板や椎間関節にかかり、腰痛の原因となります。変化は、椎間板の弾力性の減少です。
椎間板の弾力は、椎間板の中の髄核にある水分含有量によりますが、この水分は、始めます。
椎間板の弾力がなくな ってくると、椎間関節などにも負担がかかり、これが腰痛を引き起こす原因になります。
posted by Deno at 10:03| 腰痛 原因 症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。