スポンサードリンク

2011年05月23日

腰痛ストレスに対抗する方法


ストレスが腰痛の原因にしれませんね、ストレスはうちに腰痛という症状が現われていることが多々あるそうで腰痛のほかにも、肩こりや冷え性などになって表れることもあるので、ここでは腰痛に照準を絞ってストレスと腰痛の関係をご紹介いたします。



交感神経は活発な動きをする時に活動する神経で、副交感神経はリラックスした時に活動する神経です。腰痛には、背骨(脊柱)が原因で起きる腰痛と内臓の病気が原因で起きる腰痛に分けることができます。ストレス解消の方法は人それぞれ異なります。なんでもストレスのせいにしてと思いますが、ストレスによって自律神経が乱れると、筋肉が緊張してしまったり、血液の循環が悪くなってしまいます。



ストレスと腰痛はどのようにつながっているのでしょうか。うまく付き合うことでストレスから来る腰痛を予防することも必要ではないでしょうか。ストレスが腰痛の原因?!腰痛の原因としてストレスがあると言われています。腰痛の原因は様々です。



原因不明の腰痛で理由が分からず調べていくとストレスが隠れていることもあります。言わば静と動、正反対の神経なのです。腰痛は様々な要因で起きます。ストレスが溜まりすぎると腰痛を始め、体を壊しやすくなりますが、適度なストレスで緊張感が生じることで体のバランスが整い、元気な体を保つことが出来るのです。



ゆっくりと腹式呼吸をすることもおすすめです。自律神経は体のバランスを調整する神経で交感神経と副交感神経で構成されています。現代社会はストレスの塊です。腰痛の他にも 「肩こり」「慢性的な下痢や便秘」「不眠症」などもストレスが原因であることも考えられ、この様に、心と体は密接に結びついているのです。

【関連する記事】
posted by Deno at 17:44| 腰痛ストレス予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。