スポンサードリンク

2011年05月20日

ストレス 腰痛についてまとめ


腰痛で悩んでいるのにX線CTやMRI検査では何処にも異常が見られほとんど無い、この様に骨格や臓器に異常が見られほとんど無い結果因不明の痛みや不快感を「不定愁訴」言います、これら「不定愁訴」の結果因は、ストレス反応であることが多いようである。



ビタミンB12であるとかビタミンDなどがあり、ビタミンB12は神経系の働きを維持する役割を持ち、腰痛症などの痛みを和らげます。ビタミンDの働きとしては、骨などの発達に良い作用があるようです。内蔵などにも異常はなく骨格の異変もない場合に、原因はわからないが不快な感じや痛みなどがある場合のことを総称して「不定愁訴」と呼ぶようです。不定愁訴の原因としては体にたまったストレスへの反応という場合が多いようです。



ストレスが原因で起こる症状としては腰痛のほかにも肩こりや便秘症、不眠の類などもよくあることだとされています。内蔵などにも異常はなく骨格の異変もない場合に、原因はわからないが不快な感じや痛みなどがある場合のことを総称して「不定愁訴」と呼ぶようです。その他の方法としては生活のリズムを整えて体を本来の働きに戻してあげるという方法です。腰痛を改善してゆく効果のある成分としてはまずビタミンB1などがあり、ビタミンB1の効果としては食べ物をとることでごはんなどの糖分を取るときに神経や筋肉などに使用されるエネルギーなどを作り出してくれます。



言わば静と動、正反対の神経なのだそうです。仕事の合間に体操などを取り入れることで血液の循環などがよくなって、緊張状態も和らぐようです。しびれや腰痛などは末梢神経が傷ついているためでもあるのですが、ビタミンB12のひとつであるメコバラミンは末梢神経の傷を治してゆく働きがあるようです。その他の方法としては生活のリズムを整えて体を本来の働きに戻してあげるという方法です。



この自律神経は交感神経と副交感神経との働き具合によって成り立つのですが、これ等の神経系を正しい動きに保つためには、いくつかの方法があります。ストレスが原因で起こる症状としては腰痛のほかにも肩こりや便秘症、不眠の類などもよくあることだとされています。まずは適切な運動を試みることです。MRIをつかったりX線を使用したりしても検査には異常が見られず、原因がわからない腰痛に苦しんでいる人もいるとおもいます。

posted by Deno at 18:45| 腰痛ストレス原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。