スポンサードリンク

2011年05月25日

ストレスによる原因


腰痛で悩んでいるのにX線CTやMRI検査では何処にも異常が見られほとんど無い、この様に骨格や臓器に異常が見られほとんど無い結果因不明の痛みや不快感を「不定愁訴」言います、これら「不定愁訴」の結果因は、ストレス反応であることが多いようである。



軽いストレッチや体操など無理のない範囲で行うのがよいでしょう。ストレスが原因で起こる症状としては腰痛のほかにも肩こりや便秘症、不眠の類などもよくあることだとされています。なぜ腰が痛くなるのかわかっていないのです。ゆっくりと腹式呼吸をすることもおすすめだそうです。



自律神経は体のバランスを調整する神経で交感神経と副交感神経で構成されていますが、ストレスが溜まると自律神経が乱れやすくなります。その結果、脳が誤動作して普通なら問題のない痛みを激痛のように認識してしまうのです。不定愁訴の原因としては体にたまったストレスへの反応という場合が多いようです。ストレスを感じていると、自律神経が乱れることで、筋肉 が 緊張状態 になったり、 血液の循環が悪くなる ことで、腰痛になってしまうことがあります。



腰など体の一部に異常が起きると神経を通じて脳に異常を知らせます。腰痛 というと腰に大きな 負荷 がかかったりすると起こる症状というように思う人が多いかと思いますが、ストレスが原因で慢性的な腰痛となる場合があります。本来腰痛は、ゴルフなどの過度の運動、重い荷物を持ったり同じ姿勢のままなど仕事による負荷、加齢、喫煙などの原因が複雑に絡んで起きます。腰痛以外にも、肩こりなどもこういったことからストレスが原因で起こる場合があります。



その他の方法としては生活のリズムを整えて体を本来の働きに戻してあげるという方法で、そのほか自分にひとつ集中できるような楽しい趣味を行うことも効果があるといわれます。この自律神経は交感神経と副交感神経との働き具合によって成り立つのですが、これ等の神経系を正しい動きに保つためには、いくつかの方法があります。ストレスは自律神経に影響を与えやすいといわれるのですが、自律神経が乱れることによって血の巡りが悪くなったり筋肉がこわばったりして腰痛が起こってくるといいます。自律神経のバランスを整えてストレスを取り除いてみませんか。

posted by Deno at 19:15| 腰痛ストレス関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。