スポンサードリンク

2011年05月24日

ストレス性腰痛について


ストレスと腰痛が関係することは知られています。腰痛は、ストレス、肉体的なストレスのほか、ストレスによっても引き起こされます。腰痛の原因は心因的原因という本まであるくらいです。腰痛で悩んでいる人で治療をしても一向によくならないというこのストレスが原因かもしれません。ストレスが脳に誤作動を起こさせ、小さな痛みも大きい痛みを認識させてしまうことのようです。



軽いストレッチや体操など無理のない範囲で行うのが良いでしょう。ストレスが溜まると自律神経が乱れやすくなり自律神経は体のバランスを調整する神経で交感神経と副交感神経で構成されています。ストレスと腰痛が関係することはよく知られています。また適度に体を動かすことで自律神経のバランスも整えストレス知らずな体になります。



ストレスと腰痛はどのようにつながっているのでしょうか。うまく付き合うことでストレスから来る腰痛を予防することも必要ではないでしょうか。反面、少量なストレスは体によいと言われていますね。実際に、整体やカイロの現場でも施術しても治らなかった患者さんにイメージトレーニングをしたらよくなったというケースもあるようです。



腰痛は、精神的なストレス、肉体的なストレスのほか、環境からのストレスによっても引き起こされます。腰痛だけでなく、気分の落ち込み、気分が変わりやすい、気力が出ないといった症状に気づいたら、心療内科や精神科で診察を受けます。また、慢性的な腰痛で悩んでいる人で治療をしても一向によくならないという人はこのストレスが原因かもしれません。やはりストレスが脳に誤作動を起こさせ、小さな痛みも大きい痛みを認識させてしまうことがあるようです。



なんでもストレスのせいにして…と思いますが、ストレスによって自律神経が乱れると、筋肉が緊張してしまったり、血液の循環が悪くなってしまいます。腰痛の原因としてストレスがあると言われています。ストレス性腰痛というものもあるそうで、「たけしの本当は怖い家庭の医学」で放送していたそうです。言わば静と動、正反対の神経なのです。

posted by Deno at 21:29| 腰痛ストレス改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。