スポンサードリンク

2011年05月18日

ストレスによる病気と腰痛


このストレスが原因で自律神経に乱れが生じてくることから腰痛が引き起こされるとも言われています自律神経はストレスの影響をとても受けやすいのが特徴で、自律神経が乱れると筋肉が緊張したり、血液循環が悪くなったりして慢性的な腰痛を引き起こすのです腰痛の他にも 「肩こり」「慢性的な下痢や便秘」「不眠症」などもストレスが原因であることも心と密接に結びついているのです。



腰痛の原因は心因的原因という内容の本まであるくらいです。やはりストレスが脳に誤作動を起こさせ、小さな痛みも大きい痛みを認識させてしまうことがあるようです。ストレスが溜まると自律神経が乱れやすくなり自律神経は体のバランスを調整する神経で交感神経と副交感神経で構成されています。腰痛だけでなく、気分の落ち込み、気分が変わりやすい、気力が出ないといった症状に気づいたら、心療内科や精神科で診察を受けます。



自律神経のバランスを整えてストレスを取り除いてみませんか。腰痛の原因としてストレスがあると言われています。ストレスと腰痛が関係することはよく知られています。この場合、骨や関節を丁寧に調べても、はっきりした原因がわかりません。



ストレスは自分では感じてなくても実はあったり、どう解消していいのかわからないものです。軽いストレッチや体操など無理のない範囲で行うのが良いでしょう。ストレス解消の方法は人それぞれ異なり、ゆっくり湯船につかってリラックスするや趣味に没頭する仕事と遊びのスイッチを切り替えメリハリをつける毎日を楽しむなど自分に合った解消法を見つけることが何よりも大切です。ストレスと腰痛はどのようにつながっているのでしょうか。



反面、少量なストレスは体によいと言われていますね。腰痛は、精神的なストレス、肉体的なストレスのほか、環境からのストレスによっても引き起こされます。うまく付き合うことでストレスから来る腰痛を予防することも必要ではないでしょうか。あまり根詰めず、適度な気分転換していくことが大切です。

posted by Deno at 21:17| 腰痛ストレス改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。