スポンサードリンク

2011年04月19日

腰椎分離とは

腰椎分離症は腰椎の椎管関節の間で骨が分離したもので、第4、第5腰椎の間に大概発症します。分離した腰椎とその下の腰椎の連結が椎間板だけとなるために脊椎が不安定になり靭帯や筋肉に負担が腰痛をひきおこします。腰椎分離すべり症は腰椎分離により腰椎の椎骨が状態を言い、椎間板の老化(弾力性・柔軟性の減少)などにその結果も起こり大概は第5腰椎に発症し度合いがおおきいと脊中管の中の神経が狭まれ結果的に脊柱管狭窄症を起こします。

 

現在それはさておきレントゲン上骨ゆ合が期待できる状態の場合はコルセット着用し運動にかんしては禁止とします。神経症状がなく少々の痛みがあつても全力で走ったり跳んだり出来て運動は可能です。腰痛でおおいのは筋筋膜性腰痛症で、スポーツが原因に限らずすべての腰痛の原因のなかにおおいものです。腰椎椎間板ヘルニアは症状が比較的明確に出ますし、運動をしてきている間にの治療となると運動を事で症状が増強するために、本人も納得し安静をとると良いです。問題になるのが腰椎分離症です。

 

腰椎分離すべり症には、腰椎分離すべり症と分離症を伴わない腰椎変形すべり症があります。腰部の負担のなかにも捻れが加わった事が考えられていますが、原因は明確には不明です。発症は腰痛が続くと言うことで診断がつくと言うのがたくさんです。症状が小学徒全員に数年間レントゲン写真でも撮ればわかってくるとおもうのそれが無理なことです。

 
posted by Deno at 05:08| 予防腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。